足立区にある「こころみ」は、
一人暮らしでも、介護が必要でも、家族がいなくても、
寂しくなく安心できるほっとできる生活をサポートしています。

いろいろある人生。だいたい、まあまあの人生。
そんな暮らしをサポートします。

一人暮らしの方の介護サポート

身寄りがいない方の身元保証・金銭管理・介護サポート    
身寄りがおられない方・ご家族と疎遠となっている方向けです。
入院時の身元保証、金銭管理・身上監護、生活に関わる手続き、死後の対応を行います。
ご家族が遠くに住んでいる方の一人暮らし介護サポート
ご家族がいるけど、遠くに住んでいるなど頻繁には手伝えに来られない方向けです。
日常的な手続き支援、ご家族とコミュニケーションを取れる機器の取り付けなど
安心して一人暮らしを続けられるようにサポートします。

介護相談や認知症対策

介護相談・介護保険利用サポート
在宅介護・リハビリ・訪問医療サービスを利用するためのケアプランを作成します。
車椅子のレンタルや手すり設置の住宅改修なども手配します。
介護保険制度を利用して、在宅介護を継続できるようにします。
一人暮らしの方、ご家族と一緒に暮らしている方、どちらも利用できます。
認知症対策・財産管理・終活支援
年齢を重ね認知症になる前に、生活費などの財産面で困らないように
任意後見制度や民亊信託(家族信託)の手続きをサポートします。
遺言作成や遺産分割協議書作成も対応しています。

連絡先 電話番号:03-6161-6039

西新井大師の藤棚

お知らせ一覧

ケアプラン作成 対応可能エリア(令和4年8月16日現在)

エリア 住居表示 要支援 要介護
栗原エリア 栗原1~4
西新井エリア 西新井1~7
西新井本町エリア 西新井本町1~5
西新井栄町エリア 西新井栄町1~3
梅島エリア 梅島1~3
島根エリア 島根1~4
六月エリア 六月1~3、東六月町
竹ノ塚エリア 竹の塚1~7、西竹の塚1~2
保木間エリア 保木間1~5、東保木間1~2、西保木間1~4
伊興エリア 伊興1~5、伊興本町1~2、西伊興1~4
江北エリア 江北1~7、堀之内1~2
関原エリア 関原1~3
梅田エリア 梅田1~8

○対応可能です。 △ご相談ください。
現在は、北千住、舎人、綾瀬、新田、宮城方面は対応しておりません。

行政書士業務 対応可能エリア

エリア 住居表示 遺言 任意後見 死後事務委任
栗原エリア 栗原1~4
西新井エリア 西新井1~7
西新井本町エリア 西新井本町1~5
西新井栄町エリア 西新井栄町1~3
梅島エリア 梅島1~3
島根エリア 島根1~4
六月エリア 六月1~3、東六月町
竹ノ塚エリア 竹の塚1~7、西竹の塚1~2
保木間エリア 保木間1~5、東保木間1~2、西保木間1~4
伊興エリア 伊興1~5、伊興本町1~2、西伊興1~4
江北エリア 江北1~7、堀之内1~2
関原エリア 関原1~3
梅田エリア  梅田1~8

○対応可能です。 △ご相談ください。
その他の足立区内のエリアはご相談ください。

事業所概要

株式会社ごはんの会

・介護保険外の事務支援
・身元保証
・財産管理等委任事務
・ペット里親探し
 

ケアプランセンターこころみ

(足立区指定居宅介護支援事業所)
事業所番号:1372113702

業務内容:
・介護保険の居宅介護支援
・ケアプラン作成
・介護の相談
・介護保険の手続き
・要介護認定申請代行
・退院後の介護サービスの手配
・在宅医療の手配と連携
・介護保険利用のための福祉事務所との連携
・介護予防支援のための地域包括支援センター受託事業

営業日 :火曜日~土曜日
営業時間:8:30~17:00
電 話 :03-6161-6039
住 所 :足立区栗原1-4-15-203

行政書士事務所こころみ

(東京都行政書士会所属)

業務内容:
民亊法務

・死後事務委任
・死後事務代行

・委任事務、任意後見
・遺言作成、遺言執行
・遺産分割協議書作成
・民亊信託(家族が行う信託)
・ペットのための信託
・安心の終活支援(癌と認知症の模擬体験)
・終活相談全般

・生活とケアの意向書作成
・障がい者手帳、難病手帳取得手続き

事業法務
・介護事業の設立支援
・介護事業の運営支援
・ケアマネ向け業務相談

連絡先 電話番号:03-6161-6039

メンバー

代表者:塚田悟司
資格:行政書士、主任介護支援専門員、社会福祉主事任用資格、介護福祉士、社会福祉士
業務経験
知的障がい児の外出支援団体の支援員
特別養護老人ホームの介護職、生活相談員、介護支援専門員
居宅介護支援事業所の介護支援専門員、管理者
通所介護事業所の管理者
訪問看護ステーションの運営責任者

管理者:細野恵美子
資格:行政書士、主任介護支援専門員、知的障害者援助専門員、介護福祉士、社会福祉士
業務経験
身体障がい者施設の支援員
知的障がい者施設の支援員

居宅介護支援事業所の介護支援専門員、管理者

こころみの場所


東武線西新井駅から徒歩5分です
ギャラクシティの北側のローソンを曲がったところです。
コインパーキングが1分圏内にたくさんあります。

 

足立区の「こころみ」は、高齢者の方が安心して、最期まで住み慣れた地域で生活できるように、身元保証、金銭管理、手続き支援、介護保険利用のためのケアプラン作成、認知症になる前の任意後見契約、民亊信託(家族信託)の終活支援を行っています。

一人暮らしの方のサポート

特に足立区では、介護が必要な方でも一人暮らしの方が増えています。
そのため、こころみでは、一人暮らしの方の高齢者の支援に力を入れています。
一人暮らしでも、中には身寄りがおられない方・頼れるご家族がいない方、ご家族がいるけど、頻繁には手伝えに来られない方がおり、それぞれに必要な支援が異なります。

身寄りがいない方の身元保証・金銭管理サポート

身寄りがおられない方・頼れるご家族がいない方で一番困るのは、入院するときに身元保証人になる方がいないことです。
病院の身元保証人は、入院費用の連帯保証だけでなく、入退院時の手続き、入院中の細々としたこと、治療の説明の立会い、退院の際の部屋の片づけなどです。場合によっては、お亡くなりになった時の身柄引き受けを行うなど多くの支援が必要です。

また、身寄りがおられない方が、介護が必要になると金銭管理が困ります。それは、銀行などでお金をおろすことができないためです。生活費だけでなく、水道光熱費などの支払いが必要です。

こころみでは、そうした身元保証や金銭管理を一体として提供しています。
他にも日常生活で必要な手続きの支援も行っています。
もし、万が一お亡くなりになった場合は、身柄引き受けの後に、
死後事務委任として、葬儀、火葬、納骨、遺品整理、ペットの里親等の手配などを行っております。

ご家族がいるけど、頻繁には手伝えに来られない方

何かあった時は来てくれて手伝ってくれるお子さんがいる。
ただ、ちょっと離れた場所に住んでいて毎日や毎週は来れない。
場合によっては、かなり遠くに住んでいて、年1回くらいしか来れない場合があります。

そうした場合の一人暮らしで困ることは、まずは日常的に発生する手続きです。
行政から、銀行から、様々な民間会社から郵便物が届きます。
それらの中には、支払いや返送が必要な書類があります。
また返送するときに、書類に必要事項を書いたり、添付書類が必要な場合もあります。

そうした郵便物は、時期を問わず届きます。
高齢になると自分で開封した後、どこに保管したのかわからなくなることもあります。
期限までに書類の手続きができないことで、必要なサービスが使えなくなってしまうこともあります。

介護保険では、日常的な家事として、掃除、洗濯、買い物代行などはヘルパーを利用することで支援を受けられます。ただ、郵便物の管理や書類の手続きは、介護保険では対応していません。

また一人暮らしだと、寂しく不安な生活となることがあります。
寂しさに対しては、電話で連絡するという方法で会話を行うこともできます。
ただ、電話をかけて相手が電話にでないといけないこと、電話している間は何かを話し続けないといけないため、そうそう毎日は電話していられません。

電話よりも、寂しさ対策に有効なのは、
まるで同じ家で過ごしているような感じになれる
スマートスピーカーというのがあります。
スピーカーに小型の画面がついているので、お互いの部屋の中を写せます。
画面の近くに顔を出せば、お互いの顔がよく見れます。
電話ではないので、別に話続ける必要はありません。
お互いに声をかければ、電話のように出なくても、お互いの声が聞こえます。
なので、ちょっとしたときに声をかければ良いのです。
それだけでなく、お互いに生活音を聞く、動いている様子を見れるというのは、
想像以上にお互いに安心できます。

それだけでなく、もし具合が悪くなった時に、すぐに声をかけられるので、一人暮らしの不安も軽減できます。
もし、介護保険のサービスも利用していれば、すぐにヘルパーさんや訪問看護の方に連絡してご自宅に駆け付けてもらうこともできます。

ただ、ヘルパーさんや訪問看護の方が駆け付ける際に、問題となるのは玄関です。
普段は防犯のために、玄関の鍵は閉めています。
具合が悪い、自宅内で倒れているなどで、玄関の鍵を開けられない場合があります。
合鍵を預けたり、自宅の外にキーボックスを入れておく方法もありますが、心配でそういう対応が嫌な方もいます。
そういう場合に、スマートロックを設置することで、遠くに住むご家族のスマートフォンで玄関の鍵を開けられるようになります。
スマートスピーカーとスマートロックの組み合わせることで、
一人暮らしの方の寂しく不安な生活に対応できます。

とても便利なスマートスピーカーやスマートロックですが、
使うためには、インターネット回線を引く必要があります。
また、それぞれの機器の設置、設定が必要です。
不慣れな方だと、説明書を読んでも設定が難しいです。
電話と違って、がついているスマートスピーカーというものがあります。

こころみでは、そうした日常的な手続き支援、スマートスピーカーやスマートロックの取り付けなどを支援しています。

介護や認知症対策

高齢になると、介護が必要になります。場合によっては、認知症となることもあります。
そうなると生活を送る上で、様々なお困りごとがあります。

在宅介護支援のケアプラン作成

介護が必要になると、様々なことが困ります。
一人で外出できなくなれば、買物や通院に困ります。
しっかりと立てないと、洗濯や掃除など行うことやお風呂に入ることも難しくなります。
自宅内を移動できないと、トイレにも困ります。
また、その他、食事の準備ができない、薬の服用ができない、1日家に閉じこもり誰とも話ができないなど困りごとが増えます。

そのため生活を続けていくためには、介護保険のサービスを利用することが必要になります。
介護が必要な状態に合わせて、
・自宅に介護職やリハビリ職、医療職に来てもらう
・デイサービスやデイケアに通って、運動やお風呂に入る
・移動のために車椅子などの福祉用具をレンタルする
・自宅内に手すりを設定してもらう住宅改修を行う
など利用できます。

介護の状態に合わせて、利用できる範囲や量は決まっています。
また、一人暮らしの場合と同居する家族がいる場合では、利用できるサービスが異なります。
他にも、介護保険では対応していないこともあります。

介護保険のサービスを利用するためには、介護支援専門員が作成するケアプランが必要です。

こころみでは、介護支援専門員(ケアマネジャー)として、ケアプラン作成も行っております。また、介護保険外で生活に必要な支援も行っています。

老親の認知症対策・財産管理

ご両親がご高齢になって心配なのが、介護の問題だけでなく、ご両親の財産管理です。
それなりの預貯金や不動産がある場合は、ご両親が認知症になってしまうと必要な手続きができなくなってしまいます。
成年後見制度の「法定」後見を利用する方法もありますが、知らない方が後見人となることもあります。
そうではなく、家族でご両親の財産管理をサポートしたいと思う場合は、成年後見制度の「任意」後見を利用する方法、民亊信託(家族信託)を利用する方法があります。
また、ご兄弟が多い場合などは、ご両親がお亡くなりになった後の遺産分割が必要になります。遺産分割など相続を機に、争いごととなって、不仲とならないように、生前の対策が必要です。

こころみでは、そうした成年後見制度の「任意」後見や、民亊信託(家族信託)、生前の相続対策として公正証書遺言の作成を行っております。

こころみの専門性について

株式会社ごはんの会、ケアプランセンターこころみ、行政書士事務所こころみでは、
介護支援専門員(ケアマネ)、介護福祉士、社会福祉士、行政書士の専門性を活かして、
そして、何よりも一人の人間として高齢者の方を支援していきます。
とりわけ、何かしらの理由によって、一人暮らしで高齢期を迎えている方が、最後まで笑顔がある暮らしを続けられるように、様々なサポートを柔軟に提供していきます。