お知らせ

[catlist_title_2]

目次

 


 

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護保険の介護サービスを利用できるように、 ケアプランを作成します。

ケアマネジャーを利用できる方は、要介護認定を受けて、

要支援または要介護の判定を受けた方です。

 

 

 




ケアマネジャー(介護支援専門員)が支援できること - 1

足立区にある当事業所のケアマネジャー(介護支援専門員)は ご自宅で介護が必要な方を支援しています

 

介護が必要になっても、ご自宅で暮らしたいと思っている場合は、介護保険サービスを組み合わせて、最適な方法をご提案できます。

介護度が重くなると、介護保険サービスだけでは対応できません。

その場合は、介護保険外サービスを組み合わせることで、安心してご自宅での暮らしを継続できます。

介護保険外サービスは、費用が高めですが、介護施設の月額と比べて、総額がまだ少ない場合は、介護保険外サービスの利用をお勧めします。



ケアマネジャーが提供できる主なサービスは、

・介護相談
・介護保険サービスの手配
です。

 

●介護相談

様々な方のご自宅での介護を支援してきています。

ご年齢や病状、生活状況に応じて、先々のことを考えた介護に関するご相談ができます。

●介護保険サービスの手配

ご本人やご家族の意向を確認したうえで、介護保険サービスを手配します。

介護保険サービスを利用する上での条件があるので、ご意向を聞きながら、介護保険サービスが可能かどうかの判断も行います。

介護度によって、1か月に自己負担割合で利用できるサービス量に上限があるため、利用できる範囲でのご提案を行います。
上限を超えた分は10割負担になります。

また、介護保険サービスの空き状況や対応状況を確認して、情報提供を行っています。

足立区内では、例えば訪問介護や通所介護だけで200箇所以上あります。
ご本人たちで探す場合は迷うと思います。
当事務所では、ご本人に合った介護保険サービスを複数ご紹介できます。

簡単に介護保険サービスの手配の例についてご紹介します。

介護状態を改善したい場合

・足腰が弱くならないようにしたい
→「運動型のデイサービス」や「デイケア」

・家の中や家の周辺でしっかりと歩きたい
→「訪問リハビリ」

 

介護状態が軽い場合

・買い物や洗濯物干しが行えない場合
→「訪問介護の生活援助」

・足腰が弱くならないようにしたい場合
→「運動型のデイサービス」や「デイケア」

・家のお風呂に入れない
→「訪問介護の身体介護」または「デイサービスで入浴」

・杖や歩行器、車イスなどが必要
→福祉用具の「レンタル」または「購入」

 

介護状態が重い場合

・一人でトイレに行けない、食事が食べられない場合
→「訪問介護の身体介護」

・家のお風呂に入れない
→「デイサービスで入浴」または「訪問入浴介護」

・病院に行くのが難しい
→「訪問介護で通院介助」または「訪問診療」や「訪問看護」

・介護用ベッドが必要、床ずれを防止したい
→福祉用具の「レンタル」

 

一人の利用される方に一人だけ 担当ケアマネジャーがつきます。そして担当になると数年間は支援が継続することが多いです。人なので合うor合わないがあると思いますが、何よりも 信頼が大切です

信頼をいただくために、ケアプランセンターこころみでは下記のことを守っています。

 

●意向を尊重します

ケアマネジャーは、介護支援の専門家ですが、専門家としての考え方を優先することはありません。

あくまでも専門家として情報提供を行います。

どういう生活を送りたいか、どういう介護保険サービスを受けたいのかはご本人やご家族の考えが大切です。

対応できることもあれば対応できないこともありますが、どのように考えているのか意向を確認します。

●ご意向に合った介護保険サービスの手配を行います

同じ法人内の介護サービスを優先して紹介するケアマネジャーもいますが、当事務所では、そういったことはしていません。

足立区内にある様々な介護サービスの中から、ご本人の意向にあったサービス提供を行っている

介護保険サービスをご紹介しています。

その上で、最終的にご判断いただくようにしています。

●秘密を守ります

ケアマネジャーは、ご本人やご家族の個人情報を多く聞き取ります。
今までの生活、家族構成、病気のこと、経済状況などです。
これらのことは、普通では他の人には言わないプライバシーにかかわることです。

そのため、個人情報の流出のないように書類やデータの管理を行っています。




要介護認定を受けられている方は、介護保険制度から全額支給されるので、負担いただくことはありません。
※ただし、介護保険料の納付を行っていない期間があると、全額支給されません。
その場合は、下記のうち一部をご負担いただきます。

基本料
要介護1・2の方 12,266円
要介護3・4・5の方 15,937円

主な加算
初回加算3,420円
特定事業所加算3,522円~4,639円

なお、要支援1・2の方については、直接ケアマネジャーとは契約できません。
地域包括支援センターとの契約になります。
地域包括支援センターより委託を受けて、ケアマネジャーが支援させていただきます。

 

 

 

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、在宅介護に関すること、介護保険サービスの手配などを行い、
支援していきます。

ただ、下記の行為など、ケアマネジャーではできないこともありますので、ご了承ください

 

 


●実際の介護行為

例えば、買い物を行う、車椅子を押すなどといった介護行為は対象外です。

診察室で医師の話を聞くことは情報収集のために行うことがあっても、通院の付き添いや介助などはケアマネジャーの業務外です。

●介護保険外の連絡調整や手続き

介護保険の要介護認定申請書の代行申請やケアプラン作成などは行えますが、介護保険に関係のない手続きや書類作成、代筆はケアマネジャーは行えません。

●病院の入退院の手続きや身元保証など

救急車に同乗して、病院までの付き添いや、入院する際や退院する際の付き添いや手続きは対象外です。

入院の際に緊急連絡先や身元保証についてもケアマネジャーの業務外になります。

→当社では、ケアマネジャーが支援できないことを保険外ケアマネとして提供しています。




足立介護相談センターこころみは、 在宅介護支援のプロとして、ご自宅での介護を支えます。

加えて、現在は、一人暮らしの方の支援、在宅看取り支援に力を入れております。

 

●一人暮らしの方の支援

行政書士事務所を併設しております。

そのため、別途費用はかかりますが、「介護保険外の連絡調整や手続き」「病院の入退院の手続きや身元保証」を提供しています。

これらは、ケアマネジャーが支援できないこと、訪問介護などの介護保険サービスでは対応していないです。

現在も、ご家族がいない方、ご家族がいてもご高齢で対応ができない方など向けに
安心してご自宅での生活を続けられるように支援を行っております。

●在宅看取りの支援

在宅看取り支援の経験が豊富です。

足立区内のいくつかの訪問診療や訪問看護と連携して、ご自宅で最後を迎えたい方の支援を実現しています。

ご家族がなく一人暮らしの方、ご家族と一緒の方にお住まいの方など、
ご本人の意向を尊重して、少しでも苦しみや痛み、寂しさを軽減できる介護支援を行っています。




令和5年10月3日 現在の新規のご相談の対応状況は、下記になります。
お電話を頂いた時に受けられない場合もあります。ご了承ください。

エリア居住表示要支援要介護
栗原エリア栗原1~4×
西新井エリア西新井1~7×
西新井本町エリア西新井本町1~5×
西新井栄町エリア西新井栄町1~3×
梅島エリア梅島1~3×
島根エリア島根1~4×
六月エリア六月1~3、東六月町×
竹ノ塚エリア竹の塚1~7、西竹の塚1~2××
保木間エリア保木間1~5、東保木間1~2、
西保木間1~4
×
伊興エリア伊興1~5、伊興本町1~2、西伊興1~4×
江北エリア江北1~7、堀之内1~2××
関原エリア関原1~3××
梅田エリア梅田1~8××
「○対応可能、△ご相談下さい、×お受けできません」

 


お電話をください。
月曜日から土曜日 9:00~16:30
「電話番号:050-3095-2404」