足立区の介護の相談は、どこですれば良いの?

介護が必要になった時に、どこで相談をすれば良いのかわからない場合があります。
ここでは、何をすれば良いのご紹介します。

まずは要介護認定を受けておく

在宅介護でも、施設介護でも、まずは、
介護保険の要介護認定を受けておく必要があります。
要介護認定を受けるためには、要介護認定申請書を書きます。

申請書は、足立区のホームページからダウンロードできます。
近隣の地域包括支援センターや居宅介護支援事業所で申請書をもらえる場合があります。

要介護認定申請書をどこに出すか

要介護認定申請書は、足立区では、
足立区役所や福祉事務所で申請します。
足立区の区民事務所では受け付けていないので気をつけてください。

足立区の西新井駅周辺にお住まいの方でしたら、
当事業所ケアプランセンターこころみで申請書をお渡しして、申請を代行することが可能です。
申請及び申請代行の費用はかかりませんので、お気軽にご相談ください。

その後、認定調査というのを自宅で受けて、介護度が決まります。

介護度は、軽い方から、要支援1、要支援2、
要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5の7段階となっています。
要支援1よりも軽いと事業対象者や自立と判定されることもあります。

自立と判定された場合は、残念ながら介護保険利用は行えません。
ただ、要介護認定は一度しか受けられない訳ではないので、
お体が少し不自由になった頃など、時期を見て再度申請を行えます。

在宅の介護か、施設の介護か

在宅の介護か、施設の介護を受けるかにより、その後の介護の相談先は変わります。
最初から、施設の介護を考えている場合は、希望の介護施設に相談に行くと良いでしょう。
在宅か施設か、どちらにするか悩んでいる場合は、そのことも含めて相談しても良いでしょう。
ここでは、とりあえず在宅での介護の相談をすることとします。

相談先がいくつかあります。
足立区の場合を参考に相談先を紹介します。

介護の相談先

足立区の介護の相談先は、主に
・足立区役所の介護保険課
・地域包括支援センター
・居宅介護支援事業所
です。

それぞれについて簡単に説明していきます。

足立区役所の介護保険課

足立区役所の介護保険課では、主に介護保険制度の説明や要介護認定申請を受け付けています。

足立区役所では、具体的な介護相談には対応しておらず、
具体的な介護相談は、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所で行います。

そのため、足立区役所では、
地域包括支援センターの紹介や居宅介護支援事業所の一覧表を貰えます。

地域包括支援センター

お住まいの住所によって、相談する地域包括支援センターが決まっています。
足立区内には、25所の地域包括支援センターがあります。

どこが担当の地域包括支援センターかわからない場合は、
足立区の介護保険課に聞くか、ホームページで確認することができます。

なお、窓口は、月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まででです。
日曜日や祝日は窓口が閉まっていますので、注意してください。

要介護認定を受けて、要支援1・2の方、事業対象者になった方は、
地域包括支援センターで、介護保険利用の手続きも行ってくれます。

要介護の方は、地域包括支援センターでは手続きはできませんが、
近隣の居宅介護支援事業所を紹介してくれます。

介護相談の費用はかかりません。

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所には、介護保険利用の手続きを行うケアマネジャーがいます。

足立区では、200カ所近くの居宅介護支援事業所があり、
どこで介護の相談をするのか、ご自身で自由に決められます。

どこの居宅介護支援事業所で相談すれば良いかわからない場合は、
足立区の介護保険課で一覧を紹介してくれたり、
地域包括支援センターで紹介してもらえる場合があります。

ご自身で、近隣の居宅介護支援事業所に問い合わせしても良いでしょう。
窓口の日時は、それぞれの居宅介護支援事業所によって異なります。

居宅介護支援事業所では、主に要介護の方の介護保険利用の手続きを行っています。
要支援1・2の方、事業対象者の方は、居宅介護支援事業所によっては対応していないところもあります。
対応していない場合は、地域包括支援センターを紹介してくれます。

介護相談には費用はかかりません。

居宅介護支援事業所の色々

居宅介護支援事業所では、実際に介護を提供する訪問介護やデイサービスを紹介や手続きをしてくれます。

居宅介護支援事業所の併設または関連している訪問介護やデイサービスなどを紹介する場合がありますので、
ご自身やご家族にあった居宅介護支援事業所に依頼した方が良いです。

また、ケアマネジャーとは、何年もの長いお付き合いになる場合が多いので、
事前に問い合わせして、相談しやすいケアマネジャーに依頼した方が良いです。

なお、居宅介護支援事業所は契約した後に、
ケアマネジャーを変更することができます。
場合によっては、居宅介護支援事業所を変更することも可能です。

こころみの場合

当事業所のケアプランセンターこころみは、
併設または関連している介護サービスはありません。

しかし、足立区には、訪問介護は200以上、訪問看護は80以上、デイサービスは180以上、ショートステイは30以上もあり、選択肢はかなり多い地域です。

ケアプランセンターこころみでは、その中から、
ご相談にいらっしゃった方に適した介護サービスを探し、紹介できます。

また特徴として行政書士事務所を併設しているので、
終活や相続に関する相談を行うことができます。

そのため、お一人暮らしの方や頼れるご家族がいない方が
介護相談をされる場合には、特にお力になれると思います。

施設の介護を考えている場合は

もし、施設で介護を最初から考えている場合は、その施設で相談しましょう。

ただ、施設といっても、
介護老人福祉施設(主に要介護3以上の重い方向け。費用はやや低め)
介護付き有料老人ホーム(要支援1以上で入れる。費用はやや高め)
住宅型有料老人ホーム(住まいを提供。自立でも可。介護は外部サービスを利用します。)
サービス付き高齢者向け住宅(住まいを提供。介護は外部サービスを利用します。)
グループホーム(体は元気な認知症の方向けの少人数の施設。)
など、いくつかの種類があります。
施設によって、利用の条件や空き状況があります。
そのため、その施設に電話で利用できるか相談すると良いです。

介護老人保健施設」というのもありますが、主に病院から退院して、家に帰る前にリハビリを受けるための施設になります。
基本的には、退院する前に、病院の相談員さんが紹介してくれます。

もし、在宅介護をすでに受けていて、担当のケアマネジャーがいる場合や、
病院を退院する場合に、病院に相談員がいる場合は、
近隣の介護施設をいくつか紹介してくれる場合があります。

ただ、紹介はされても、実際に見学に行き、申込はご自身で行う必要があります。
また、担当のケアマネジャーや病院の相談員でも、
足立区内のすべての介護施設を把握していないので、ご自身で探す必要があります。

おすすめの記事