行政書士事務所こころみは、法務支援を主に行いますが、
高齢者支援、介護支援、看取り支援の実績に基づき、

あなたの意向をしっかりと踏まえて、
安心できる生活を送れる終活を支援していきます。

あなたの人生の様々なステージに合わせた支援を行っています
(1)今後のことを考える頃に
(2)手続きが難しくなる頃に
(3)介護が必要になる頃に
(4)旅立ちの日が近づく頃に
(5)旅立ちの日を迎えた後に
まずは、(1)を必ずお読みいただければと思います。

(1)今後のことを考える

①「生活とケアの意向書」作成

認知症や癌になった場合は、意志表明ができない場合があります。
その時に、一体どういう生活を送りたいのか
どういう介護やどういう医療を望むのかわからないと、
あなたを支援してくれる医者や介護スタッフがどういうサービスを
提供すれば良いかわかりません。

そうなると、あなたにとって望ましい医療や介護が受けられず、
穏やかな生活とならない場合があります。

そうならないように、判断ができるうちに、
「生活とケアの意向書」という書類を作成しておくことをお勧めしています。

エンディングノートや尊厳死宣言公正証書などにも似ていますが、異なります。
死ぬ間際のことではなく、
もっと前の「認知症や癌になって意志表明ができなくなってから」のことを想定します。
その時のあなたの生活や介護、医療に対しての意向をまとめていきます。

法的な書類ではありませんが、事務委任契約や任意後見契約と組み合わせて
おくことで、実効性を持たせられます。

作成は、エンディングノートのようにお一人で作るのではなく、
ご自宅や当事務所にて、何回か面談を重ねて、一緒に作成します。
作成後に、価値観が変わることもあるので、
定期的に見直して、書き直すことも可能です。

また面談を重ねていくうちに、当事業所を信頼していただけるかどうかの参考にもなると思います。

料金:3回の面談で55,000円(税抜き50,000円)

②遺言書作成(公正証書遺言原案作成)

遺言書は、財産をどの相続人に相続させるかということを決めます。
 ・生前の生活や介護を託す
 ・遺書のようにメッセージを残す
 ・死後の葬儀や埋葬のことを決める
などは遺言書の対象外です。

遺言書作成は、面談を行い、丁寧に作成します。
法的にも、その後の保管についても安心できる遺言作成を支援します。
また、遺言書を作ってから、後で書き直すこともできます。

相続人については、通常はご自身の家族や親族ですが、
お世話になった人や慈善団体を相続人とすることも可能です。

遺言では対応していない下記については
・生前の介護を託す→事前の生活介護医療の意向書、任意後見
・遺書のようにメッセージを残す→手紙(遺書)作成
・死後の葬儀や埋葬のことを決める→死後事務委任契約
にて対応できます。

基本料金:66,000円~132,000円(税抜き60,000円~12,000円)
※ご自身で遺言に必要な戸籍を取られている場合は基本料金を下がります。

※相続人が行方不明や不動産が多数の場合は別途かかります。
※公証役場の実費は別になります。

③死後事務委任契約

死後の葬儀、埋葬、供養、遺品整理、デジタル遺産整理、ペット里親手配などを事前に決めておきます。
遺言書作成の時に一緒に作成できます。

葬儀は、招く人の範囲や葬儀の種類などを指定しておきます。
ご遺骨の埋葬は、ご希望の寺院や霊園だけでなく、
樹木葬や海洋散骨などのご希望にも対応します。
遺品整理は、事前に形見分けするものと処分することを分けておけます。
デジタル遺産整理は、ブログやSNSなどのデジタル遺産をどうするのか決めておけます。
ペット里親手配は、愛犬や愛猫を誰に育ててもらうのか里親を決めておきます。
里親が見つからない場合は、保護施設などを指定しておきます。
小型犬の場合は、当事務所が里親となることも検討します。

基本料金:66,000円(税抜き60,000円)
※遺言作成と同時に行った場合は、合計88,000円~154,000円(税抜き80,000円~140,000円)です。

(2)手続きが難しくなる

①行政手続きの代行

障害者手帳や難病手帳など取得しておくことで、
各制度のサービスを利用することができます。

料金:33,000円~55,000円(税抜き30,000円~50,000円)
※手続きによります。

②財産管理・契約代行等委任契約

・財産管理とは、通帳をお預かりして、各種支払いなどを代行します。
・契約代行(療養看護)とは、医療や介護サービス利用の際の契約や料金の支払いを代行します。

財産管理は、全ての財産管理を任せなくても、
どの通帳を使って、どの支払いを管理してもらうかなど
個別に決められます。
契約代行についても、どの契約を代行してもらうかなど
個別に決められます。

また、契約なので、途中で代行する内容を変更することや
契約を解約することも比較的簡単に行えます。
そういった部分では、成年後見よりも柔軟性はあります。

ただ、認知症などにより判断能力が低下した場合は、
「財産管理・契約代行等委任契約」では、手続きができなくなる恐れがあります。
そのため、「任意後見契約」も行っておくことをお勧めします。

料金:契約書作成33,000円(税抜き30,000円)
※当事務所にて、財産管理・契約代行等委任契約を受任した場合は月額22,000円~33,000円(税抜き20,000円~30,000円)
※受任については、預貯金額が500万円以下の場合は、収入を確認の上、月額3,980円~11,980円(税込)の間で、毎月の家計に配慮した金額設定にします。
ただし、死後事務委任契約も合わせて契約することが必要になります。

(3)介護が必要になる

①任意後見

任意後見は、事前に「誰に後見人になってもらうか」、「何を行ってもらうか」を決められるため、後述の法定後見よりも柔軟性があります。
ただし、法定後見のように後見人には取消権がないので、あなたが間違えて行った不利益な契約を取り消すことができません。
取消権はありませんが、クーリングオフなどの手続きは行えます。

法定後見と違って、後見人を監督する後見監督人が必ず付くのは安心です。

判断能力が低下する前に、公証役場で任意後見契約を作成しておく必要があります。
当事務所にて、契約原案を作成して、公証役場との取次も行います。

料金:契約書作成66,000円(税抜き60,000円)
※公証役場の実費(約30,000円)は別になります。
※後見開始後は月額22,000円~33,000円(税抜き20,000円~30,000円)
別途に任意後見監督人の報酬がかかります。
任意後見監督人及び報酬は家庭裁判所が選任・判断します。報酬額は、管理財産額によりますが、月額11,000円~です。
任意後見契約についても、預貯金額により家計に配慮可能です。

②法定後見

法定後見は、認知症などで判断能力が低下してから、家庭裁判所に申し立てます。
「誰に後見人になってもらうか」、「何を行ってもらうか」を家庭裁判所が決めます。
事前にご本人と取り決めする任意後見よりは、ご本人の意向が反映しにくいですが、後見人には取消権があるため、あなたが間違えて行った不利益な契約を取り消すことができます。
後見人を監督する後見監督人が付く場合があります。

後年人や後見監督人の報酬は、家庭裁判所が決めます。

判断能力が低下した後に、家庭裁判所に申し立てます。申立は、本人や4親等内の家族、後見人などです。

法定後見は、当事務所では対応していません。
手続きを行える司法書士を紹介いたします。

(4)旅立ちの日が近づく

①「生活とケアの意向書」に基づいた支援

任意後見契約の実施にあたって、「生活とケアの意向書」に基づいて手配を行っていきます。
介護や医療の支援は、ケアプランセンターこころみで対応できます。
ご自宅で最期を迎えることも可能な時代です。

料金:財産管理・契約代行等委任契約又は任意後見契約にて対応します。

(5)旅立ちの日を迎えた後に

①死後事務委任契約に基づいて、手続き代行します

あなたの希望の方法で、葬儀、埋葬(樹木葬、散骨含む)、遺品整理、デジタル遺産整理。ペット里親への引き渡しなどを行って行きます。

基本料金:275,000円~(税抜き250,000円~)
※対応項目に応じて料金が加算されます。

②遺言書に基づいて、遺言執行していきます。

遺産を整理して、遺言通りに相続人に引き渡します。

基本料金:165,000円~(税抜き150,000円~)

 

行政書士事務所こころみの紹介

東京都行政書士会所属
業務内容:
・死後事務委任
・委任事務・任意後見
・遺言作成と遺言執行
・安心の終活支援
・生活とケアの意向書作成
営業日 :火曜日~土曜日
営業時間:9:00~17:30
電 話 :03-6161-6302
住 所 :足立区栗原1-4-15-203
対応範囲:足立区内

行政書士紹介

 

 


行政書士:
塚田悟司
保有資格:
行政書士、社会福祉士、介護福祉士、主任介護支援専門員
自己紹介:
茨城県大子町生まれ、埼玉県草加市で育ちました。
学生時代は、知的障がい者支援のボランティア活動を行っていました。
社会人となってからは足立区で、介護施設、在宅介護、訪問看護の現場業務や管理者の仕事を行っています。
趣味:古き時代を知ること、先祖調査、ランニング、座禅、本を読むこと、絵を描くこと、犬の散歩、パソコンやIOT家電の設定

 

行政書士:細野恵美子
保有資格:行政書士、知的障害援助専門員、社会福祉士、介護福祉士、主任介護支援専門員
自己紹介:
埼玉県深谷市生まれです。
足立区内で知的障がい者や身体障がい者の施設で介護職として勤め、
高齢者介護では、在宅のケアマネジャーとして仕事を行ってきました。
趣味:読書、旅行です。最近は海外旅行に行ってませんが、
世界遺産を巡ることが好きです。

行政書士事務所こころみの報酬一覧

介護事業サポート

行政書士事務所こころみでは、民事法務以外にも、企業法務として、介護事業サポートを提供しています。